一時期ニキビが酷かった

一時的にひどかった

ニキビは高校時代に酷かったです。
それまでは、まあ子供の肌だったとも言えるのですが、つるつるスベスベでした。
しかし、あるとき気づいたら顔中にニキビができていました。

 

私が酷かったのは、主に額と頬でした。
潰してはいけないと分かっていてもニキビができていることが分かってしまうと、気になってしまい何度となく潰していました。

 

今は体調を崩したときなどに、少し吹き出物が出る程度で、あまり出なくなりましたが、ニキビを潰した痕は今でも少し残っています。

 

当たり前のことですが、ニキビは潰さず、薬を塗って放っておきましょう。

大人ニキビ

思春期に頭を悩ませていたニキビの問題も、月日を重ねるごとに段々とその勢力を縮小させてきました。
しかし、それでも不規則な生活を続けたり、生理前だったりすると、途端に額や頬にぽつぽつと出て来始めますよね…

 

うっかり潰しちゃったりすると、思春期の頃に比べて治りが遅かったりして、なかなか厄介です。

 

しかし、当時とは違って、今は効果のあるニキビケアが沢山あります。
ニキビを治す方法は年齢や肌質などで最適な処置は異なるので、自分のお肌の状態にあった治し方をする必要があります。

 

例えば、乾燥が原因のニキビにプロアクティブは合いません。
プロアクは思春期ニキビに向いており、大人ニキビには向きません。

 

ニキビを治すにはどうしたら良いかの知識もありますし。
潰しさえしなければ、前よりも回復は早いかもしれません。

 

 

繰り返すニキビ

私が困っているのは、顎や鼻の横などにできるニキビです。
赤くなって大きくなるか、小さいままかの違いはありますが、たいてい先端が白く膿むので潰します。

 

先日、家族の付き添いで行った皮膚科の本棚で、ニキビに関するパンフレットを見つけたので読んでみました。
私のニキビって、大人に出来る代表的な部位なんだそうです。
「自分だけじゃないんだ」とこっそり安心しました。

 

一応、色白で『肌は』きれいと言われる位なので、友人は私がニキビで悩んでいると思っていません。
実際は、悩んでいるし、あとでシミになったりして後悔した経験もあるのですが。

 

近い家に皮膚科を受診して、繰り返すニキビにサヨナラするぞ!と思っています。